無料で読む 『DIE WITH ZERO』 おすすめ

今回は、『DIE WHITH ZERO~人生が豊かになりすぎる究極のルール~』を

実際に読んだ僕が大切だと感じたポイントを要約しました。

この本の結論

・今しかできない経験に金を使うべき

貯金がゼロになるように死ぬ

”耳から聴く「読書」”Amazonオーディブルでも聴けます!

【Amazonオーディブル】無料でDIE WHITH ZEROを読む

本の概要

著者のプロフィール

ビル・パーキンス
アメリカテキサス州ヒューストン生まれ。アメリカ領ヴァージン諸島を拠点とするコンサルティング会社BrisaMaxホールディングスCEO。アイオワ大学を卒業後、ウォールストリートで働いたのち、エネルギー分野のトレーダーとして成功を収める。現在は、1億2000万ドル超の資産を抱えるヘッジファンドのマネージャーでありながら、ハリウッド映画プロデューサー、ポーカープレーヤーなど、さまざまな分野に活躍の場を広げている。
目次
  • ルール1 「今しかできないこと」に投資する
  • ルール2 一刻も早く経験に金を使う
  • ルール3 ゼロで死ぬ
  • ルール4 人生最後の日を意識する
  • ルール5 子供には死ぬ「前」に与える
  • ルール6 年齢に合わせて「金、健康、時間」を最適化する
  • ルール7 やりたいことの「賞味期限」を意識する
  • ルール8 45~60歳に資産を取り崩し始める
  • ルール9 大胆にリスクを取る

要約

「今しかできないこと」に投資する

突然ですが、あなたは

どっちが楽しめる?

・20代の時に登山をする

・70代の時に登山をする

どちらの方が登山を楽しめると思いますか?

多くの人が前者の『20代の時』と答えると思います。

もちろん、70代でも登山ができないわけではないですが

あまり現実的ではないですよね?

このように、「今しかできないこと」に時間やお金を投じるべきと著者は述べています。

【Amazonオーディブル】無料で1冊読む

「今しかできないこと」とは?

登山が好きな人もいれば嫌いな人もいるでしょう。

大切なのは自分が何に金を使うと幸せになるかを知り

その経験に惜しまず使うこと。

  • 新しいことにチャレンジすること
  • 登山や旅行、サーフィンなどアクティブが好き
  • 家でゆっくりするのが好き
  • ボランティアをすると幸せな気持ちになれる

などなど、、、

つまり

「今しかできないこと」=自分がワクワクする事です。

人生を無駄にしないためにも

まずは、自分が何に幸せを感じるのか自分自身を知る事からスタートしましょう!

ゼロで死ぬ

人は死んだ後に、お金を使うことができるか?

もちろん、できない。

もし、死んだときに貯金が

300万、500万、1000万円残っていたら

その分の経験を逃したという事でもあるし

無駄に働き過ぎたという事でもある。

そうならないためにも死ぬ時はゼロに近い貯金で死んだ方が幸せだと著者は考えています。

注意

ゼロに近い残高で死んだ方が幸せではありますが

むやみやたらに金を使って

死ぬ前に貯蓄がゼロになってしまうのは避けるべきです。

そうならないための計画・方法などの詳細も本書には書かれてます。

【Amazonオーディブル】無料で1冊読む

物よりも記憶に残る経験を大切に

最後に、僕がこの本を読んで

かなり共感できたポイントでもある

投資するべきは、物ではなく記憶

という考え

想像してみて下さい。

自分がベッドから1人で起き上がれなくなっている姿を。

この時に大切なのはどっちでしょう?

年老いた時に欲しいのはどっち?

・高級車や高級腕時計、ブランドのバッグ(物)

楽しかった・辛かった思い出、家族旅行した時の写真やアルバム(記憶)

間違いなく後者を選ぶ人が多いと思います。

なぜなら、そんな体で車の運転はできないし

かっこいい腕時計を付けて遠出することもできないから。

でも、記憶であれば楽しかった思い出や辛かった思い出を

家族や友人たちと共有して人生を振り返えることができます。

だから、物よりも最期に幸せを感じることができる記憶に残る経験を大切にすべき。

【Amazonオーディブル】無料で1冊読む

まとめ

以上、DIE WHITH ZEROの要約でした!

本書には、まだまだ人生をより豊かにしてくれるようなことが

書かれていますので是非気になった方は読んでみて下さいね!

【Amazonオーディブル】無料で1冊読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました